カテゴリー別アーカイブ: さくらのつぶやき

責任の重いデザインにちょっと怯んでる午後。追記あり

量産となると、1つの組み合わせの責任がずしっと重く。

 

 

今までは「遊び心!」って言い切って、ルンルンと楽しく一つ一つの組み合わせをやっていたけれど。

 

仕上がるものが100個単位になってしまうことを考えるとちょっと、さすがの私にも躊躇してしまいます。

 

ただのバデなアイテムで終わってしまわないように、使いやすい色や柄であることを考えて、カメラとのバランスを考えて、

でもそこにはちゃんとサクラスリングらしさがあるのか、などなどあれやこれや考えて。

 

 

そんなとき、ふと、店頭に立っている時を思い出して、

あの人に似合いそうだな、あの人は好きになってくれるだろうな、なんて考えると、なんか確信をついたような気持ちになります。

 

正解のないものを作るのって、難しいですね。

そういえば、写真も。

 

「ひとりの人を感動させられなくて、たくさんの人を感動させることはできない」

ってそんな言葉を教えてもらったことを今改めて思い出しています。

そうかー

そうだよね。

 

最近モノトーンばっかり作ってたので、今日はすんごい青!作ることにしましたw

人気モノになるだろうな。くくく。詳細はまたいつか。

 

 

追記。

ブログを読んでくださった大先輩から補足を頂きました。

 

「ひとりの人を感動させられなくて、たくさんの人を感動させることはできない」の元ネタは南こうせつさんのお話しでした。

嬬恋で2万人の野外ライブをしてるとき、絶対に皆を感動させる方法があると。

それは、一番可愛い子を見つけて、その子のためだけに一生懸命歌うんだと。

そうすると、そのあたりにいる人たちは、皆「自分のために歌っているのだ」と感動し、そのあたり以外の人たちは、「あんなに脇目も振らず一生懸命歌ってる」と感動するんだと。

結局、一人を感動させられなければ、全員は感動させられないのだと。

 

このお話しを聞いてから、より一層、目の前の人に喜んでもらうことを意識する様にしました。

それも、自分の基準の中で。

 

色々動き始めるとついつい背伸びしそうになって、なにがなんだかわからなくなってしまいそうになるけど、私がかつて見聞きして感動した事、今の原点の気持ちを思い出すと、スッと気持ちが通ることがあって、自分の足跡を見返すことも大切だなって思いました。

またキザなこと書いて!と絶対笑われてるw

忘れたくないから文章そのまま載せさせて頂きました。怒られちゃうかな。

ありがとうございました。

 

優しい一宮の工場。

この3連休、カメラスリングの為に、一宮の工場は休み無く稼働して頂いているという事です。

しっかり支えてくれる仲間がいて、本当に感謝でいっぱいです。

 

最近の私はどこに行っても「縫製は大丈夫?」ってよく聞かれます。

今までMADE IN お家ですからね、そりゃみなさん心配ですよね。

今、全国の色々なところにあるカメラスリングは愛知県の一宮で作って頂いています。

どんな生地でお願いをしてもほぼサンプル通り綺麗な仕上がりなので、縫製を任せるということにストレスを感じる事がなくなり、安心して今私はカメラスリングのデザインに徹しています。

 

 

毎日へとへとになりながらミシンをかけていた日々から、デザインをしてすぐに縫製が出来る状態までセットして、一宮に資材を送る日々。

私はとにかくアナログな人間なので、

「生地を触って組み合わせをしたい」

「生地によってファスナーを付ける場所を変えたい」

「ポケット布はこのモデルだけこの生地にしたい!」

などなど、量産にするのはありえない面倒なお願いも

「できます!!!」って言ってくれる。

それだけじゃなくて「杉山さん、今とても大変だと思うから出来るだけこちらに投げてくださいね」って言ってくれる。

もっとそれだけじゃなくって、土日祝日関係なく連絡があって、お願いしたこと以上の事に気がついて先回りして考えてくれる。

 

なんて素敵な人達。。。

 

カメラスリングを作って来た者として、縫製の大変さもわかるので出来るだけ負担の無い様に、わかりやすく指示は出したいと思って努力は最大限にしつつも、まだまだ慣れない日々で、教えてもらいながら、次回はこうしようと学んでいます。

 

こんなに沢山作らせて頂く事は何よりの喜び。

今は慣れない事にバタバタとしてしまっているけど、

この状態を長くまんべんなく保って、稼働し続けられる様にする事が私が出来る一番の恩返しなんだと言い聞かせながら、プロジェクトに仲間が増えて一層気持ちが引き締まるようになりました。

 

カメラスリングを使ってくれる人達と作ってくれる人達の真ん中にいる事をしっかり守って、舵取りとして私にしか出来ない事を選んでいかないと、ね。

 

一宮のみなさん、本当にありがとうございます!!

縫ってて楽しくなるデザイン、ちゃんと作ろう。

 

人ったらしって言われた。

昨日、写真速報社の丸山信之さんから取材をしていただいた回の『週刊 写真速報』を頂き、嬉しくて読んでいると

『人ったらしでいることを突き詰めていってね』

と声をかけてもらいました。

 

丸山さんとは名刺交換から数日後で取材をしていただいて、昨日が3回目。

既にバレてることに怯えつつも、

『本気で何かを成し遂げようと思っている人は目を見ていればわかるよ』と声をかけてもらいました。

 

そういえば子どもの頃からどこでもいい顔をしてしまう自分が好きじゃなかった。

そんな自分を変えたい!変えなきゃ!!

といつも思っていたけど、

出来ないことを一生懸命頑張るよりも、出来ることに最大限のパワーを使うことに注力することが大切って、写真を始めてから気がついて。

この3年半は自分のこういうところ、じゃんじゃん使ってきたなぁと改めて感じたし、こういうところに凄く自分は助けられてきたことも感じました。

 

丸山さんは写真速報の編集長というお仕事の他、世の中で活躍する女性起業家の交流会も主催しているとのことで、様々な思いを抱え活動する女性の気持ちに理解があって。

起業家になると孤独感を肯定してしまうけど『女の子に一人は似合わないよ!』っていう思いで掬い上げてくれる丸山さんのお気持ちに触れて、

なんだかとてもホッとしました。

こんなご縁をいただけるなら、まだまだ杉山この道でやっていける!

 

 

人ったらしの私は丸山さんからもGOサインをいただいた事ですし、これからもこのまま突き詰めていきます-w

冷ややかな視線も慣れたし、この私を見て笑われたとしても『私はあなたよりは頑張ってる』って人生をかけてここまでやった分の自信でその人の中身を視て思っている。

 

それに同じ次元で物事を見ている人には必ず伝わるし、必ず受け入れてもらえることを知ったので、

保育士と介護福祉士で培った人の心に触れる手段とバランス感覚を大切に、これからもやっていくぞ!とそう思えた夜でした。

 

丸山さん、ありがとうございました。

人ったらし、って最高の誉め言葉!

 

「できれば」

そういえば、一時期の私の頭の中には

「出来れば」という言葉ばかり浮かんでいた事がありました。

写真を始めた頃だったかな。

望んだ事を出来ないと決め込んでいたり、

本当に叶わないことを見ていた時期だったので、そんな事をいつも考えていた事を思い出していました。

 

「やらない」ことを選んでいる癖を認識して、「やる」という思考に切り替えるのは簡単ではなかったけど、覚悟ができるととってもスムーズに時が流れる事を知りました。

 

先日、湘南でリフレッシュして、一つ大きく覚悟を決めて帰って来て、1アクション起こしたら、今日1日で5つの事が動きました。

 

止まっていた案件が次々動き、他人事みたいにきょとんと眺めてしまっています。

準備が整い、覚悟ができたら次のステージってことかー

夕飯を作りながらいろいろ考えて。

 

出来れば、なんてもう言ってられない。

女は度胸。

 

全部しなやかにやってやります!!!(がんばる)

 

 

 

こうなりたいと思う人について行く。

昨日は、駒場東大で外村仁さんの講義を聞いてきました。

正直に話すと、今だって外村さんがどれだけ凄い人かわかっていませんw

(お肉を食べる会の後に一緒にラーメンを食べた人)

でも、外村さんが差し出してくれた手に、直感的に外村さんから学ぶことが必要と感じ、図々しくも講義を聞かせて頂く事になりました。

タイトル「シリコンバレーのエコシステム」

私にちゃんと最後まで聞いていられるか心配でしたがw

必要な事だらけ!

夢中でノートを取って、ニコニコ聞いて、立ち上がりたいくらいのワクワク感でいっぱいでした。

「人の気持ちを動かさなくて提携も協業もできない」

「未知の問題に取り組むパワーと発想力が必要」

『生き残れているのは、助け合っているから』

「自分自身が多様な世界に入っていく」

「役立ちたいと思う気持ちが先」

「こうなりたいと思う人とつき合おう」

などなど。。

ノートには忘れたくない大切な言葉で埋め尽くされ、そのまま食べてしまいたいくらい!w

 

既に行動を起こしてる私には答え合わせのように、今まで独学でやって来た事、大切にしてきたことが肯定されたと喜びに感じる事が多くて無性に嬉しくって、最高にやる気が出ました。

 

 

今の私にちょっと足りていなかったのはこれだなって。

突拍子もない行動力!w

東大、超楽しかった。

 

 

講義中、ずっと外村さんの前にはカメラスリング付きのカメラが置いてあり、

外村さん、オシャレなスカーフをズボンに付けてるなーと思ったら、IDスリングでしたw

 

 

いつも思うけど、こういう気持ちをほんと忘れない様にしたくて。

しっかりこの経験を形にして、私は成功しないといけないと思うし、将来私は若い人に同じ様に手を差し伸べることをして、そのときには誰かの力になるような言葉を話せるようになりたい。

 

世界が広がるって楽しい。

 

外村仁さん、ありがとうございました!

 

 

『おつかれさま』

先日、相変わらず布団にたどり着けず仮眠のつもりでぐっすりソファーで寝ていたら

『母ちゃん、おきて』

と最近また低くなった長男の声。

 

朝早起きしたときだけゲームが出来る時間になったらしい。

長男の定位置で寝ていた私がじゃまだったのね、と『はいはい』と目を覚まして

『ん』と手を伸ばして長男に引っ張ってもらい、身体を起こしてもらった。

 

よいしょと起き上がるその時

『おつかれさま』

と長男が言った。

 

優しいいい子だ。

すごく嬉しくなって、家族中に言いふらしたある朝の出来事でした。

 

創造性のスイッチを探して

あんなに夢中になってミシンをかけていた私の手がピタッと止まり。

子ども達が敷いてくれる布団にたどり着けずにソファーで仮眠をする毎日。

なにから手をつけていいかもわからないし、そもそも何をやりたいかもわからなくて、えいや!と電車に乗りました。

鵠沼海岸。

心に空いた穴を埋めるには私には適当な音楽しかなかったけど、

湘南の空気はそんなのいらなくって。

そっか、ここの空気は豊かなんだな、ってそう思いました。

 

優しい場所で、

優しい人達と話し、

優しいご飯を食べて、

優しい時間を過ごして。

 

江の電乗って七里ケ浜の波打ち際をずぶ濡れになりながら歩いて、いつものお鎮守様で天国のお友達のことを考えて。

 

大きく外れた自分の基準を元に戻せる様に

久しぶりに頭の中を言葉で埋め尽くして、今までとこれからのことを考えてきました。

 

このまま自分の中にある豊かさを枯らしてしまわないために。

 

 

 

明日からがんばろう。

本当にやりたい事をちゃんと叶えられる仕事をしよう。

 

 

明日頑張るから、

今日は布団に入って寝ようっと。

 

 

 

ちょっと甘くなった顔。髪切ろうかな。

 

 

 

発注ミス!

『さくらさん、仕様書とは違う色の生地が届いてるんですけど、確認してもらえますか?』

って縫製工場の方から連絡。

えー

注文は間違ってない。

スワッチ(生地見本)通りに私発注書も書いてる。

が、しかし。

生地屋さんの問い合わせたところ、どうやら私が頂いたスワッチの品番が違ったらしく、双方不備はないものの、届いた生地のキャンセルも出来ないとのこと。。

 

組み合わせをしっかり決めていたので、予定していた生地を追加で購入することを決めて。

 

で、

どうするのこの派手な子!!!

1467205353278

めっちゃオレンジー

・・・・。

 

 

こういうのは組み合わせ次第で生かせるはず。

 

ということで、今日は一日ぼんやりオレンジの事を考えていました。

 

 

1467205583343

 

思いっきり明るくしてしまおうか。

 

 

とか

1467205587711

 

スタイリッシュにする。

 

 

とか

 

 

1467205584914

1467205581883

しましま。

 

 

 

 

 

とか

 

 

1467205591574

 

案外定番に馴染む!

 

 

 

とか

 

1467205593449 1467205586242

 

和柄にしっくり

 

 

 

 

とか。

 

 

1467205589067

 

思いっきり緑!

 

 

 

 

とか。。。

 

 

結論出てません。

絶対かわいいの、作ります。

 

以後気をつけます。(土下座)

 

 

 

 

写真が撮れない写真が撮れない写真が撮れない!からの「グループ展のおしらせ」

先日、自分のプロフィールに記載していた「好きなこと・写真撮影」の項目を削除しました。

違和感を感じてしまう自分の心にどうしても嘘がつけずにいたので、いっそのこと消してしまうことにしました。

写真をはじめるまでは「寝ることと食べること」が生きがいだった私は今、カロリーも気にせずまた食べることに戻りつつある自分に、見ぬふりをしています。

どうしても、

カメラスリングを通して皆様とお話をしたり、温かいお気持ちを頂きそのひとつひとつに感激をして、

自分にできることで、皆様が喜んでくれる様なことを考え、実行して世界を広げていくことがどうしても今は何よりの喜びで「それ以外」には気持ちを1mmも傾けられなくって。

カメラを持っていても、撮りたいと思っても、歩いている足を止めることができない。

カメラを構えられない。

シャッターを押せない。

撮りたいものが見つけられない。

写真が撮れない。。。。

 

 

写真を撮る人に使ってもらうアイテムを作る者として今の状況は非常に危機感を感じていてすごく考えたのですが、
仕方ないのでどっぷりこの状況を味わうことにしました。

1466526696793お気付きの方もいるかもしれませんが、カメラスリングのパッケージには3箇所「Keep photographing!」というメッセージが入っています。(旧式カメラスリング台紙には2箇所)

 

カメラを持つ様になると、いかに続けることが大切かを知りました。

私の写真仲間からも「写真を休みます」という声を聞くこともよくあったので、そんな状況の時にカメラに自分の好きな色が付いていて、カメラを持って出かけるモチベーションになるといいなといつも思いミシンをかけているのですが、

まさに今の自分のこの状況を救ってくれる様なものを私は作らないといけない!!

ということで写真を撮れない自分からしっかり学べる様にこの状況に浸かってしまうことを決めました。

そんな自分が選ぶ生地はより彩度が高くなって「もう少しシンプルなものが欲しい・・・」というお声をより多く聞いていますがw

元気の出ない生地はミシンかけていても楽しくないので、もう少しだけ、お待ちください・・・。

 

 

そんな杉山ですが、8月に写真の展示を控えていますw

小原孝博フォトワークショップグループ展「写祭」(syasai)

19人のメンバーから2人ずつ週替わりで展示をするグループ展です。

夏祭前半 2016年7月5日(火)〜8月7日(日)
秋祭後半 2016年8月23日(火)〜9月25日(日)

会場・アイアイエーギャラリー

1466526416461

 

 

 

 

 

杉山さくらは8月2日〜8月7日まで展示担当します。

タイトルは   P,79 「決心」

 

中学2年の頃から繰り返し読んでいたある文庫本をテーマに、この春撮った桜の写真をまとめようと思っています。

カメラスリングで培った、ありものから作る「構成力」を組写真に応用してしっかり準備をしたいと思います。

展示についてはまた改めてお話しします。

 

 

 

1466526137535

私はこの長島有里枝さんのSWISSを読んで写真を始めました。

初めてお会いした時にサインを頂いて。そこにはこう書いてあって。

1466526133900

私はこの言葉に何度も救われたから、カメラスリングにもメッセージを載せているのでした。

 

SWISSの書き出しがとにかく好きで。

私もこういうことがしたいと思って写真を始めて。

だから情熱が消えないうちに、ちゃんと写真撮れる様にします。

代官山の思い出

代官山北村写真機店での催事ではありがとうございました。

1466444080147

沢山のお客様に足を運んで頂きました。

新作を含め大半のものは今回私が作ったSAKURAカメラスリングだったので、より多くの方に見ていただいたことが嬉しくて、とても光栄でした。

お店としてもいつもよりも来客数が40%もUPしたと店長さんにもお褒め頂き、本当に皆様のおかげです。

ありがとうございました。

お察しの通り、私が誰よりも楽しかったです!

 

ミシンをかけながらふと視線をあげると、いろんなことを思い出していました。

2年前、代官山 北村写真機店で働き始めて、数ヶ月経った頃このカメラスリングスタイルを思い付ました。

当時の店長須藤達也さんに商品化を勧めて頂き、即答はしなかったものの、数日なんとなく考えていて。

代官山で勤務中、作業の合間にふと、これを商品化しようと思いついたのが、サイネージ(画面)の前。

その時、代官山クオリティーの商品にまで形にすることができたらきっと世の中に出せるはず、と思ったこと。

この商品はきっと、たくさんの人の役に立つものになると確信したこと。

これからはきっと大海原に出て行くことになるだろうと覚悟して、それでもやることを選ぼうと思ったこと。

 

 

今やお店のエース!の同期の鎮西さんが夜なべして作ってくれたサイネージの下に私が作ったものが並んでいて、いろいろと思い出していました。

 

無名の私が作るカメラスリングを初期の頃から信じて使い続けて応援してくれているみなさんが入れ替わり立ち代り来てくれて、

そしてメンテナンスで見せて頂くそれぞれのカメラスリングからは大切に使っていただいいることを感じて。

はじめましてのお客様は、SAKURAカメラスリングとの出会いをとっても喜んでくれて、高いお買い物なのに喜んで迎え入れてくれて。

 

こんなことが次々起こると、感激屋になってしまうこと、理解していただけますよねw

 

いつもは地味な作業をしていることが多いので、単純にこういう機会には頑張ってきてよかった!って思います。

そして単純なのでまたがんばろう!と思います。

皆様からいただいたお気持ちをしっかり次のステージにも生かして、よりよい製品にできる様SAKURAカメラスリングに全力を注ぎ込んでいきたいと思います。

お越しいただいたすべての皆様、どうもありがとうございました。

 

そして、催事を支えてくれた代官山 北村写真機店の三浦店長、フォトコンシェルジュの皆様、ありがとうございました。

後輩のみんながとっても頑張ってて、すごく嬉しかったです。