『おつかれさま』

先日、相変わらず布団にたどり着けず仮眠のつもりでぐっすりソファーで寝ていたら

『母ちゃん、おきて』

と最近また低くなった長男の声。

 

朝早起きしたときだけゲームが出来る時間になったらしい。

長男の定位置で寝ていた私がじゃまだったのね、と『はいはい』と目を覚まして

『ん』と手を伸ばして長男に引っ張ってもらい、身体を起こしてもらった。

 

よいしょと起き上がるその時

『おつかれさま』

と長男が言った。

 

優しいいい子だ。

すごく嬉しくなって、家族中に言いふらしたある朝の出来事でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です