SAKURAカメラスリングのこだわり【縫製と生地編】

【縫製はyoutube で学ぶ!】

職歴は保育士と介護福祉士の経験しか持っていない私は、ミシンのスキルは家庭科で習った知識と、子どもの通園バッグを作るくらいの経験しかありませんでした。

カメラスリングを商品化しようと思ってからは縫製を学ぶ時間もなかったので、生地の裁断の仕方、糸調子の合わせ方、シフォン生地の縫い方などはyoutubeやyahooの知恵袋などで必要なことだけを学びました。

本当は仕様書を書いて工場で生産してもらうはずだったのですが、なかなか伝わらなくて。

今までになかったものを誰かに伝えるには本当に大変で、これは一つでも自分で作って見てもらうしかないんだということに気がつき・・・

結局、ミシンを買い足し、夜な夜な自分で作ってはボツ・・作ってはボツ・・・を繰り返してカメラスリングの形状を生み出し、ある程度の形ができるようになってきた頃には製造できるくらいのスキルが備わっていました。

【生地は強度と使用感を大切に】

SAKURAカメラスリング基本モデルには日本製のポリエステル100%を使用しています。

生地のことは、スタイリストのママ友や、デザイナーのママ友などから教えてもらってどんなものがいいかを知りました。

ポリエステルは生地の中でも強度があり、摩擦熱にも強く、色落ちの心配がないということ。また発色がいいので私が目指した鮮やかな色合いが叶いやすい。ストールほどの薄手の生地でもカメラを支えられるストラップになるようにしています。

カメラスリングに使用している生地は主にアパレルの世界でお洋服になるような生地を使用しているので、デザインとしても面白いものが多く、皆様に選んでいただいている要素の一つになっているんじゃないかなと思っています。

洗える製品にする!強度がある!というのは何より大切にしているので、生地選びの際にはちゃんと触って確かめてから製品にしています。

カメラスリングで使用する薄手のポリエステルの生地は縫製が大変で、工場での量産にかなり苦労しました。。。

カメラスリングは一度にたくさん作れる商品ではなく、ひとつずつ大切に作っているので、ご縁があったらぜひカメラと同じようなお気持ちでカメラスリングも使っていただけたらとても嬉しいです!

今生地はどんどん進化していると聞いています。

シルクやコットンでもカメラストラップとしてふさわしいものがあればどんどん挑戦していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です