写真の力

 

カメラを持つ様になってから3年半。

今までよりも外に出る事が増えたとか、景色をよく見る様になったとか、色々と変化はありますが、

自分の中で一番変わったと思う事は「失敗に強くなった」こと。

 

気分が落ち込んだり、元気が出ない時には半ばやけくそで「えいや!」って気持ちを振り絞って撮るので、

そういう時には平常心では撮れないような写真になることが多くて。

ありのままの自分の写真に、

「落ち込んでたけど、案外希望的に感じてたんだな」

とか

「カラ元気がよく表現されてる!」

とか

いい状態ではない自分自身が一つの個性として作風に幅を持たせる事が出来るので、どんなことも恐れなくなりました。

 

「失敗してもいいや。そうしたら写真にしよう。」

 

落ち込む事が起きない様には精一杯気をつけていますが

元気が出ない時には頑張ってカメラを持ってお出かけをする様にしているので、

「落ち込む自分も楽しみ!」って思い込んで

どんな場所にも行ける様になりました。

 

私は写真を始めてから大きく変わったし、

「写真の力」に支えられている一人です。

 

72272_309891782464255_388242003_n

なぜこんなにも強いものがあるのかと思う事があります。

いくつになってもはじめての気持ちがあることを知って、そんな感情に出会った時の戸惑いと喜びも、全て形する事が出来る今は、

生きる上で何よりの強みです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です