はじめまして、杉山さくらです。

サクラカメラスリングを既に知ってくださっている方も、

はじめてこの製品を知ってくださった方も。

 

改めまして、杉山さくらと申します。

 

 

私はストールタイプのカメラストラップ、『サクラカメラスリング』を2014年4月頃発案しました。

 

『元々こういうお仕事をされていたのですか?』

と聞かれることが多いのですが、

私は保育士として保育園や託児所などで働いてきました。

介護福祉士と保育士、幼稚園教諭の資格を持ち、普段は小3、小5、中1の子ども達に『かあちゃん!』と呼ばれている3人の母親です。

 

私が写真を始めたのは、子どもたちが一人でも歩けるようになり、子育てから少し手が離れた事を感じるようになった3年半前。

CONTAX T3から写真を始め、半年後にはLEICA R6.2のユーザーになり、毎日カメラを持つようになったことから「カメラスリング(サクラカメラスリング)」の発案に至りました。

サクラカメラスリングがストール状なのは、子育ての毎日に『ベビースリング』を愛用しており

『重たいものは幅広の生地で楽に持つことができる』

という母親としての経験が元になっています。

 

 

信頼できるカメラと出会って、写真を撮るようになると心の動くものにだけピントを合わせて、シャッターを切るようになりました。

 

毎日それを繰り返していると、

自分のことがよくわかる様になりました。

 

そんな毎日が力になり、自信になり、

起業家としての私に繋がっていきました。

写真の力って、本当に凄いなぁと改めて感じています。

FH000018

短期間で現状に至り、動きながら全てを学んでいる為まだまだ自覚の足りない私ですが、

『自分の足跡をしっかり残していきなさい』と尊敬する方から声をかけていただいたことを胸に、

目の前の事に迷った時はカメラを持って、シャッターを切るように生き方を積み重ねていく日々を、このブログに少しずつ記していきたいと思っています。

 

写真の世界で生きているたくさんの人達に、

少しでもお力になれるような製品を目指して。

 

サクラカメラスリングをはじめとするサクラスリングブランドの製品共々、

これからの私達をどうぞよろしくお願いいたします。

 

株式会社Sakura Sling project

代表取締役社長 杉山さくら

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です