モデル初体験。

本日は、神田にある山岸伸先生のスタジオに伺ってきました。

カメラ誌の紙面に掲載される写真のモデルとして、なんと山岸先生から私自身にお声掛け頂き、もうこんな光栄なことはないと写真を撮っていただきました。

 

いつも思うのですが「写真を撮らせてください」って言ってもらうことって、とても力になりますよね。

綺麗なものや美しい光を見ている人にそう言ってもらえると、自分はまだ誰かに必要としてもらえているんだなと、なんだかとても救われたようなそんな気持ちがします。

撮ってもらうその日まで、カメラの前で自信を持って立っていられる様に、人生をまるごと洗濯したくなる様なそんな気分で「なに着ようかな」とか「いつ髪の毛切ろう」とかお仕事もやる気が出たり、今度モデルになるんですーなんて自慢したりw

楽しみにしすぎて、当日の朝ヘルペスとか顔に出ちゃったらどうしようとかすごく心配でしたが、なんとか御迷惑をおかけするようなこともなく、無事撮影を終えました。

 

山岸先生とのご縁は昨年の4月の山岸先生の個展「瞬間の顔」の際のレセプションパーティーでご紹介していただいた時からなので、まだ一年前は雑誌などで私はお名前や作品を拝見していたんだなとふと考えていました。

山岸先生からいただいたご縁から加速度がついた運命の中で最近はおかげさまで忙しくバタバタと過ごしておりますが、一つ一つを大切に学び歩んでいこうと思います。

 

山岸先生、本日はとても素敵な経験をさせていただきありがとうございました。

また撮っていただける日までしっかりお仕事頑張ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です